芸能ニュースのほかに、ネットビジネスもはじめました。ちょっとのぞいてみて下さいネ…
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

宇多田ヒカルの疑問

世界中に衝撃を走らせた、米ニューヨーク・ハドソン川で起きたUSエアウェイズ機の不時着事故。

とりわけ、完璧な操縦でこの危機を乗り越え、た飛行歴40年のチェスリー・サレンバーガー機長に
称賛の声が寄せられています。


そんな「ハドソン川の奇跡」に対して宇多田ヒカルが、「奇跡ってナンダ?」と題した1月17日付の
エントリーで「非常に優秀なパイロットが操縦していて、ありえないような不時着水が成功して、
死者ゼロ、ってこと、それらが、『奇跡』っていうふうに思えん・・・。乗客がラッキーだとも思えん。

1549便が鳥を五羽も同時に吸収したことをアンラッキーだとも、思わん」とし、「ニュースを見てて
違和感を覚えた。今回の不時着水を成功させたパイロットが突如、アメリカいちのヒーローになってる
からかな。彼は何十年も同じように生きてるのにね。不思議だね」との独自の見解を示しています。                α~ (ー.ー") ンーー


 
【お知らせ】
スポンサーサイト
気になるニュース | 2009/01/19(Mon) 09:46:48
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

trackword

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。